スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひさびさです!!

先日某本の通常版が~という話の結果ですが
やっぱり出庫0じゃないですかーーーー。
というわけで今一度連絡を取りまして、今度は直接注文を受け取ってもらいました。

この前の恭文堂さんで見たいらなくなったハガキサイズくらいのPOPの再利用なのですがそれをちょっとアレンジしたやつが使い勝手良すぎ。今までのPOPの貼り方の不満の一つが無くなりました。
本当に単純な事なのに思いもしなかったです。恭文堂さんありがとうございます。

さておすすめ
もう発売したの何週間前だよ…ですが
IMGP4489.jpg
エンターブレイン ハルタ連載
睦月のぞみ 白銀妃
基本新人を紹介したいのですがこれはあまりにも良すぎるので。

とある国
オルビルオの新国王の側室を探す命を受けた宦官(とは後宮に使える者、去勢されてたりする)ムルフトは田舎で側室候補を探している中、類稀なる美貌の持ち主。銀髪の美女リリーニャと出会う。
一目みてこの娘こそ新国王に相応しい!!と思ったが…実はものすごい天真爛漫であった。
それでもその美貌から側室候補として王宮へ。
そして国王をも巻き込む、周りのツッコミが追い付かない自由すぎる側室(候補)が誕生する。

見た目がものすごい美女なのにおまえいいかげんにしろっ!!と周りが言いたくなるほどの自由すぎる行動がすごい可愛い。そしてその周りのツッコミが的確すぎて笑えます。

初めは頭巾姿で登場のため分からなかったがこいつはもしや!?と頭巾を取ってみろとムルフトさん。すると
IMGP4490.jpg
見開きでこの妖艶さも漂わせるリリーニャさん。しかしこの左下の第一話のタイトル
高嶺の花でもない

そしていきなり脱ごうとしだした(アピールしておこうと思って)のでこの女変だ…といきなり感づくムルフトさんは優秀な人な気がします。
そして美しいだけでは…と何か特技はないか?と問われると
IMGP4491.jpg
飛べます。
IMGP4492.jpg
な…なんて跳躍力だ!!これではまるで…
IMGP4493.jpg
フェアリー…

ガッ
IMGP4494.jpg
ゴンッ
IMGP4495.jpg
ドヤァ…
この能力は木登りが苦手な自分が木の実を食べるために毎日跳び続けた結果身に付けた力
に対してのツッコミ<食い意地はってだけだろ!に最初のえらい人雰囲気を出していたムルフトさんが可愛そうであり可愛くなりました。

やっぱりこいつ変だよ!!と従者みたいな人たちも思うのですがその美貌ゆえ変だけどつれていく事にします。
長くなりそうなのでちょっとカットしてしまいますが側室として重要な事。生娘か確認する会話。
ムフルト<生娘か?
リリーニャ<生娘ってなんですか?
ムルフト<生娘というのは…いうのは…男と交わ…体と体をだな…///(略)
リリーニャ<どうしました?なんです?大きな声で

ムルフト<子作りしてるかしてないか的な///
IMGP4496.jpg
リリーニャ<ないですよ
お前知ってて聞いてない!?
やべえムルフトさん可愛すぎでしょ。

そしてリリーニャの親につれていく事を説明するためリリーニャの家へ…の途中。
IMGP4497.jpg
猫発見。
IMGP4498.jpg
ガクガクガク
リリーニャの身にいったい何が!?
IMGP4499.jpg
かわいいっ
なんだそのリアクション!?

そして
IMGP4500.jpg
やっぱり跳ぶ!!
ムルフトさんのやっぱりにこの1日の苦労度が見て取れます。

そっからどうすんだ!!枝が折れる!!やめろ!!
IMGP4501.jpg
猫なんです
それがどうしたと!?

もうやめてムルフトさんのツッコミライフは0よっ!!

結局逃げられて泣くリリーニャ
そんなリリーニャに国王のお気に入りになれば猫の1匹や2匹にという言葉に…
IMGP4502.jpg
この笑顔である
この瞬間からリリーニャの側室になる最初の目的「選ばれた娘の村は減税になる」から
「たくさんの猫をもらう」に変わっていくのであった。

そして舞台は王宮へ…
ここまでかなり長くなりましたがいつもだと1冊全体で見所を紹介するのですが
今回すべてまだ第一話である。一話ですでにここまで濃い内容。

ムルフトさんは国王へ側室候補を紹介するのが仕事なので舞台が王宮になってからは
IMGP4503.jpg
別の場所から側室候補としてつれてこられたマルテナさんがツッコミ役をつとめます。
さらに王宮ではもう一人ボケ役が増えるのでツッコミは倍率ドンです!!
スポンサーサイト

書店いってきたのですよ

神保町へ行ったので書店をちょこちょこ。

その前にスキャナの件
高くないですか!?
スキャナって言ってしまえば複合機のコピーとプリンタ機能を排除したやつですよね!!
あれですか、ノートPCと同じで薄くても高性能にするために部品を小さくする技術が高いんだよ理論ですか?
邪魔にならないようにスキャナだけ欲しいのでもうちょっと調べてみようと思います。

さて書店。ZINさんはもう良いでしょうし白銀妃を見に行くためだったので省略。
書泉ブックマートさん。
コミック系をまとめたビルの1Fにananがあるのが神保町って感じがする。
しかしリニューアルしてから行ったかもです。変わった感がなかったので。(前はアイドル書籍売り場があったの知っています)
棚が高い!!脚立はありますけどちょっと自分から取る気は中々しないです。
サインが階段につけてるのはちょっと良いなぁとは思ったけど当店だと盗むやついそうなのでやめよう。
たしか前にもぽつんとグッズを売っているスペースがありましたが、このぽつんとあるのが良いですね。
グッズもがっつり置く専門店は除いて、言ってしまえば一般店のコミック売り場だと色んな物があるよりほんの少しある方がちょっと買ってみようかなって気になるんですよね。
ちょっと今当店は一般店のくせにひとかたまりに置きすぎだわ。なのでその商品に関連するのは棚に組み込んでみようと思います。
ちょっと不満。トイレ分かりにくい!!案内の3F奥ってのが分かりませんでした。逆に案内無い方が混乱しないし従業員に聞きやすいかも。

恭文堂コミッククラフト店さん
もっと大きいと思ってました。でもですね。このくらいが良いんですって!!(18坪って言ってたかな?)良く売り場が小さい店の人は大きい売り場に憧れますけどなまじ売り場が広いと管理がほんと大変ですよ。それよりも既刊とか買うならすぐ近くの大型店行ってくれ。うちは本当に面白いやつをお勧めする店だって方がかっこいいじゃない!!
不要になったハガキサイズくらいのPOPの活用の仕方が私好き。出版社からくるPOPで裏が白いやつ。あれ捨てていませんか?使い道がたくさんありますよ。ぜひ恭文堂さんのように手書きPOP用に使いましょう。紙の経費も節約できますしね。
実はここ、コミックにシュリンクをしていないのです。まんが王さんの時も言ったのですが、経費とか手間とか抜きにして本当は当店もしたい。けどまず万引きがタグ入れてる現在でもかなり発生しているし、なによりこの2店のすごいのはそれで長時間立ち読みしている人に声かけても怒られないって事です。
うちだったら間違いなく「だったら開けとくんじゃねえ!!」ってほとんどの人が切れますよ。
ちゃんとマナーを守れる人でしたら新刊とか既刊どこまで買ったか確認したいけど従業員に聞きたくない人にはおすすめです。
コミケのカタログの仕入れ連絡先教えてもらいました。
実は5年くらい前に自分で調べたことあるのですが、連絡先調べるのにかなり苦労しました。しかも仕入れ条件がかなり厳しくてその時は入れなかったのですがやはり今回お話を聞いて入れたくなったので私責任で入れてみます。
今度の冬から。

この後渋谷行こうと思い、行った方がいい店をお聞きしましたら2つ教えてもらったのですが、それが一応調べておいた行く店とかぶらなかったので今回は教えてもらった方に行きました。
ちなみに
山手線で渋谷まで行こうと思い乗った所。あれ?高田馬場ついでに行けるじゃん。行こう。と思って行きたいリストを見る。ん?行った?キノコノクニヤ…あっ!!外車バイク本買った古本屋じゃん!!そして他の行った店も思い出しました。それまで行った事をまったく覚えていませんでした。

というわけでそのまま渋谷
渋谷TUTAYAさん
ここはすごいと言う事で。
まずはだ…7Fまでエレベーター以外で行くの分かりにくい。初見だと6F→7Fが難しかったわ。
たしかに(ある意味)すごい。在庫量がすごい。目線の棚には面陳スペースもあるし。
あの見本小冊子をぶらさげるための針金の使い方いいですね。ぶら下げるの好きじゃないんですけど目立つのでちょっとやってみようかな。
ブックファースト新宿店さんみたな2段くらいのアクリル什器を使うの好き。すっごい好き。当店もやってみたい。でも買ってくれない。欲しい。自分で買いたい。どこかいいとこないかな。
ところで、魔法使いの嫁の立て看板が足たたまれて隅に置かれていたのですが…もういらないならくれーーーー。
まじでくれ!!まだまだ展開していくので欲しい。

次は渋谷ではなくて池袋。
発端はBLでお勧めの店を教えて欲しいと投げかけていた答えをくれました。
芳林堂コミックプラザさん
実は2度目。
前はいつだろう…3・4年前くらいかな?
前の印象は正直申しあげてただサインが天井についているだけの店。
しかし今回は新刊などの面陳が見やすくなった(気がする)
今回行った中では最も何か新刊でてないかなーという時表紙で反応しやすかった。
BLは…ちょっと次で説明します。
気のせいかもしれないのですが、サブカル色がすこし薄れた?これは本当に気のせいかもです。

さて…教えてもらったのに気を悪くしないでほしいのですが。
今回ちょっと思ったのが私が考えるすごい店と出版社の人も含め他の人が考えるすごい店にはズレがあるんだなというのは今更感じました。これは私が中小書店さらに無名書店だからそう思うのかもしれませんが
書泉さんもTUTAYAさんも芳林堂さんもBLもちゃんと揃えてて読者から見れば欲しい本が大抵ある。これは書店において最も大事な事であって特にTUTAYAさんなんて無いのなんて無いんじゃない?ってくらいほぼ完璧。そういう意味では本当にすごいんです。実際そういう管理ってかなり大変ですし。
でも私が考えるすごい店はそれじゃない。
私は、目的買いで寄ったとしても他に何か面白いのないかな~って棚を見たときに「売り場が」これなんてどう?って提案してくれる店がどうかです。まあ当店がそれが出来てるのかと問われると出来てないんですけど。
個人的には手書きPOPは欲しいですがそれ抜きにして
この本が好きな人はこの本も好きだな。じゃあさらにその隣にはこれだな。というのを本当にやってほしい。
ただ注意。それをやりすぎるとデータで在庫管理している店は本来の棚に無くなってるの気がつかなくてその本聞かれたときにバイトさんが見つけられなくて後でバイトさんに「なんで本来の棚に差してないんですか!!」って日ごろ怒られます。

まさにいがい

いつから白銀妃をやると錯覚していた…。

おすすめ
IMGP4387.jpg
徳間書店 月刊コミックリュウ連載
佐伊村司 異骸
……話がちがうじゃねーか!!とつっこまれそうなので言い訳。
家で文考えてたらどうしても異骸の事が浮かんでしまってこちらの方が考えやすかったのでまずは異骸からやります。

親友梅澤の喧嘩を止めるため主人公アキラとその幼馴染くるみは屋上へ向かう。
そこで見たのは喧嘩相手を血祭りに上げる梅澤の姿。
しかしその梅澤の方が何かに怯えているようだった。
梅澤が相手をしていたのは「ゾンビ化した生徒」だったのだ。
何の前触れもなく生徒がゾンビに…
徐々にゾンビは増えていき、くるみ・梅澤までも噛まれゾンビ化してしまう。
しかしくるみに変化が訪れる。何と正気に戻ったのだった。
一体なぜ?そして正常な物・ゾンビ化した者の対立が始まる。

導入はもう完全に学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEADです。
三角関係の3人がいて、学校内で突如ゾンビ化が進むという内容(どうやら学校外もすすんでいる模様)
またこういう系かーと思ったですが…なんとゾンビ化した者は正気を取り戻す→またゾンビ化するを繰り返すというのが実に面白い。ですが私が最も注目したいのは親友梅澤の存在と主人公アキラの扱い。なので
梅澤を中心に紹介します。
その前にアキラはくるみが好きでくるみは梅澤が好きという事を頭に入れてください。

上記で言ったように梅澤は屋上で喧嘩をしております。(上級生に呼び出されて)
そしてその喧嘩を止めるためにアキラを読んできた「ヒロイン」くるみに対し。
IMGP4388.jpg
グーでなぐる。皆さん良く見てください。グーです。
しかもこの梅澤ボクシング部のエースです
そして
IMGP4389.jpg
くるみに怒ります。さらにこいつらおかしいだっ!!と
「ヒロイン」のくるみそっちのけでアキラにのみ逃げるように言います。
この後くるみはゾンビに噛まれソンビ化の兆候が発生するのですがそのくるみに対し。
IMGP4397.jpg
ガチグーで殴り倒します。
まあ状況が読み込めず好きな子を殴られたらそりゃアキラも切れるでしょう。しかしこの左下のコマを見てほしい。
IMGP4390.jpg
この「ち、ちがうんだ俺はお前を守り…」と言いたそうな梅澤の表情!!
この時点で私の中で梅澤にある疑惑が生まれます。

IMGP4391.jpg
まあそんなこんなで梅澤までも噛まれてしまい最後にアキラへの想いを打ち明けます。
でもアキラはそんな梅澤より
IMGP4392.jpg
くるみを追いかけてしまいます。

その後くるみは人を食べ完全にゾンビ化してしまったと思いきや、なんと正気を取り戻します。
と続きを紹介する前にここで試し読み小冊子は終わるのですが、その小冊子の裏の図をさらに頭にいれてほしい。
IMGP4364.jpg
ハートの矢印の方向がおかしいーーー。
これはキャラコミックスじゃないですよ!!もうこの後梅澤がどうからんでくるのかドキドキですよ。

というわけで続き。
いったんは正気を取り戻すゾンビ化した生徒達。しかしまた凶暴なゾンビになり、正気に戻り、凶暴になる。を繰り返す者達をまだ正常な生徒たちは受け入れることは当然出来なかった。
自分たちは人間だと主張するゾンビ生徒との確執が生まれるのには時間はまったくかからなかった。
凶暴化したゾンビ達がどんどん校舎へ攻め入り、アキラも逃げる一方。そして…とうとう
IMGP4393.jpg
いけないっ!!薄い本展開に!!だがっ!!
IMGP4394.jpg
そんなアキラを守った者、そいつは…
IMGP4395.jpg
うめざわあああぁぁぁ!!!
しかもこの梅澤。ゾンビ化している状態なのです。
ゾンビ化をすると一切の人間性が失われただただ凶暴になるだけなのに、なんと梅澤はアキラを守るのです。

梅澤のおかげで薄い本展開にならないですんだアキラ
IMGP4396.jpg
うめざわがぁ~梅澤が助けてくれたぁ~
もうお前がヒロインで良いよ!!なんだその可愛い言い方!!
この抱きしめているは逃げる際にアキラと友人になる同級生です。そんな男のこの表情。もうね、くるみいらないんじゃないかな?

すみません。画像が多くて見にくくなりました。ちょっとあまりにもわくわく展開で本気だしすぎました。

おすすめしたい

ほんとにしばらくちゃんと出来そうにないのでもうみなくて良いと思います。

とりあえず…
小学館クリエイティブ 大彼女
秋田書店 息子の嫁
先月ですが今更読んで面白かった
角川書店 駒ひびき

がおすすめです。

目黒ってくる

サインにこだわりは無いんですけどやっぱりサインがあると展開時の印象には差がありますね。
当店はいつもほかの書店のついでというか便乗しての時しかもらえないのですが
店独自にもらってる所はどうやってもらっているのだろう。

やっぱり有名な書店ですと
書店「今度出る何々の先生のサインほしいんですけど」
版元「あっ何々書店さんいつもありがとうございます。もちろんご用意させていただきます」
とかの流れになるんですかね?

当店だと
当店「今度出る何々の先生のサインほしいんですけど」
版元「(え?どこだよ)すみません先生忙しいのでご用意出来ません」
とか言われそうで怖いです。
そして有名な書店のツイッターとかで何々の先生のサインいただきましたっ!!
というのをもし見る事になると悲しくなりますね。


というわけで少々都内に用事が出来まして。
7月18日に用事が終わったら目黒区にある
恭文堂コミッククラフト店さんに行ってこようと思います。ただしコミック担当者様にアポとって行きたい店なのでその日不在の場合いかないかもしれないです。
目黒区なんですけど目黒駅付近ではなく別の駅が最寄のようで終わったら大井競馬でも行こうと思ったけど(飯食いに)軽く調べた程度ですが移動が大変そうなのでそのまま高田馬場へ行こうか迷い中。
昼ごろは御茶ノ水・神保町あたりで彷徨っています。あれそういえば書泉さんってコミック売り場改装したんでしたっけ(超うろおぼえ)

ちなみになんで恭文堂さんってリストからはずれてたのかなーと思ったら
NET21という文字で昭島の井上書店さんと混同してたようです。
井上書店さんには2度行ってるので。

遅くなりましたがこちらでも結果を

読んでおいた方が良い雑誌を教えてくださいました書店様
本当にありがとうございます。
遅くなりましたがこちらでも結果を発表いたします。
ちなみにほぼ被りませんでしたので上位10誌ではなく教えていただいた雑誌の中から選びます。

少年誌
月刊少年マガジン
別冊少年マガジン

青年誌
ビッグコミックスピリッツ
月刊スピリッツ
アーススター
もっと
月刊アクション
ヤングアニマル
ガンガンジョーカー
モーニングツー
コミックブレイド
アフタヌーン
ヤングジャンプ
となりのヤングジャンプ
Goodアフタヌーン
@バンチ
くらげバンチ
ぱれっと
メテオ
キスカ

少女・女性誌フィールヤング
ベツコミ
フラワーズ
別冊マーガレット
メロディ
ARIA

となりました。

被らなかったといいつつも被ったものもあります。その中で一番多かったのが
ビッグコミックスピリッツです。
次いでフィールヤング・モーニングツー・アフタヌーンです。

この4誌は決定します。(でもフィールヤングって当店全然売れない…)
そして残りをどれにするかですが、まず除外したいのがあります。
それは

コミックブレイドと月刊少年マガジンです。

理由は私が新刊を心待ちにしている1位「バガタウェイ」2位「ボールルームへようこそ」が連載されているためで雑誌を読んでしまうと単行本買わなくなるんですよね。
買ったとしても雑誌読んでるとあーやっとでたーやここで止まるかー早く次でろーという雑誌は買わないけど単行本は買う派の人の気持ちが分からなくなりそうなので。

という事を踏まえた上で
ビッグコミックスピリッツ
アフタヌーン
モーニングツー
フィールヤング
ヤングアニマル
ヤングジャンプ
別冊マーガレット
ぱれっと
ARIA
@バンチ
にしたいと思います。

ちなみに某御方より
ゼノン・ハルタ・IKKIが無いのはコミック担当者として読んでるのが常識だからですね!!
と言われました。
プロフィール

どこかの書店員

Author:どこかの書店員
FC2ブログへようこそ!

ブログ内検索
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンにゃー
オンラインカウンにゃー
現在の閲覧者数:
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気によって売り上げが変わるのです

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。