スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここは<やべえ

この前行ってきた玉川上水にある光進堂さんのお話をしたいと思います。

ここはやばい。今まで言った中で一番かもしれない。
店は小さいです。そのため大きな展開というのはありません。
しかし、要所要所にはPOPがあり面にしているタイトルも正直ここでこれが売れるの!?というタイトルが多いです。
コミック担当者からするとタイトル自体には不思議はないんです。
たしかに面白い漫画だし、売れてるやつは売れてる。
だけど…この規模の店構えでこれを出してるっていうのはそうとう漫画好きな人がやってるわって同じ漫画好きにはすぐ感じますよ。
オタクが好きそうなの、漫画好きの女性が反応しそうなやつ、純粋に漫画として面白いやつ。
ちゃんと把握してる感すごいです。
分かりやすく言うと普通の書店だと配本あっても1,2冊で棚で埋もれて追加注文も出されず全然実績が出ないタイトルだけど面で出すとすごい販売数伸びる漫画。

まあ私のようにそういうの出しても売れない店だったら悲しいですがそんな印象はなかったです。

売場で言うと何がすごいってBL棚ね!!
正確な段数数えるの忘れましたが(写真あるけど)6段2列の棚かな?
に置けるだけ置いてそれが全部面陳なんですよね。しかもすべてに見本がある!!
しかもしかもぜひ試し読みをしてくださいとそれを大々的に告知している。BLでですよ。
もちろん全面陳なのでタイトル点数は多くありません。
言ってしまえば自信をもっておすすめ出来るやつをセレクトしてる感じです。

もう一度いいますが小さい店です。
既刊を置いたとこで点数は少なく、中途半端になるのでだったらおすすめなやつしかおかねーよ!!って思い切りが感じられます。小さい店ってのはその店のお客さんの好みを把握してそういうのをやればいいんです。
既刊点数なんて近くの大型店には適わないんだから。

大型店でさらにお客様の好みにあった展開させられると正直きついですが
私が今までいった店でこの店はすごいって言われてたり、頻繁にサイン会とかやる有名店でそういうの感じられたの極々一部ですよ。

というかだ、マジ本店のヤツラ行ってこい!!本店よりさらに小さいんだからな!!
それでもワクワク度は断然光進堂さんの方が上だからな!!

後、雑貨コーナーも良いです。
また言いますが、小さいのでかなり場所限られるんですけどごっちゃごっちゃしてる風に見えつつ考えられて陳列しているのですごい目を引くんですよね。
私が行った時はムーミンがあったんですけど、同じくうちが展開してるムーミン雑貨コーナーよりも数倍見た目良いわ。
商品もかぶってるし、こっちの文房具担当も行ってこいやっ。

だた一つ残念だったのが…
コミック担当者様がいなかったんですよねーーーーー。
今回はアポなしなので仕方がないのですが…。
でもコミック担当者3人いるって言われたんですけどあの広さで3人すっか。
私それの数倍(在庫点数で言ったら数十倍)+ラノベ+攻略本+アニメ系雑貨一人でやってるんですけど…。

ともあれかなりおすすめの店です。

以下は光進堂さんの話から離れます。
中小の町の書店が少なくなったのって大型店とかネット書店とか出版不況とか言われてますけど、一番の問題はそれを理由に本が売れなくなったって言うだけで何もしてこなかった書店じゃないのかな?
もちろんちゃんと地元の人に合わせて本置いてて有名だった店が閉店してしまった事実もありますが。
いくら無料で読める漫画アプリが普及してきていても少なくともコミックはまだリアル書店嘆く段階ではないと思うんですよね。
まんが王さんみたいにネット書店で何時間もサイトにいられるわ!!って内容の濃いネット書店をどこでもやられるときついですが、逆にあそこまでやってたら潔くリアル書店もうだめだわって言う。

あ、中小が衰退した2番目の理由は中小に売れ筋入れない取次と出版社ね。
もうこれに関しては諸々のそれぞれの思惑、事情により改善するのは不可能だし、分かる話。
何度も言っているように売れるのはたくさん売れるとこに出すのは当たり前の世界。
どうしようもない。だからこれからは光進堂さんのようにやっていくしかない。
もしそれでも光進堂さんが潰れたら本当にもうだめなんじゃないかな。

まあでも、頭でそれは分かっていても。
配本が1冊で、でもその漫画が好きで追加入れて展開してなんとか10冊売った店より
ただ何もしないで新刊台にぽつんと置かれていて且つ特典がもらえてそれで100冊売る店の方が業界では注目され、すごいと言われるのはやっぱりおかしいと思うのです。
スポンサーサイト

続き書きましたよー

途中になってた
てくてくの紹介続き書きましたのでよろしければご覧くださいませ。
本当はそれとは別に
ギヴンか魔法少女なら1105室にいます。
をやるつもりだったのですが腰が痛いので後日にします。

おすすめ

あー忘れてた…。おすすめリプレイ本…。仕方ないので今度いつもルールブック系買いに来るお客様におすすめリプレイ本聞こう。

まあまずいつもの愚痴ですがとりあえずこの店の経営陣は私がコミックを売るために使う時間を余計な話でつぶさないでいただきたい。

おすすめは実はいつもあんなくだらない内容でも私はそうとう頭の悪い人間なのでかなり時間を使っていて家でも仕事をしているので(なのにこの店は私には時間があると思っている!!)回数減っているのですが最近おすすめ少ないんだよ!!という、とある方の要望により徐々に増やして当初の目的通りあんまり展開されなさそうだけどこんな面白いのがあるので良かったら貴店の店で推してくださいという事をメインにやっていきます。
いやでも言われた所って推してる作品もろカブリであんまりそこの方見ても意味がないんじゃ…

おすすめ
CIMG0145.jpg
リイド社 コミック乱(連載中)
山崎浩 てくてく東海道ぬけまいり

江戸時代。
親や奉公先の主人に許可を得ず、黙って伊勢神宮へ向かう人がたちがいました。
それは出会った人たちには名目上伊勢参りという言うが実際はさまざまな理由で旅に出る
抜け参りと呼ばれるものであった。
その抜け参りで旅にでたのは少年・十と少女いち。
伊勢にいる父親に会うために抜けた二人は江戸から伊勢の東海道456kmの冒険にいどむ。

お前がおすすめするのがラブコメじゃない…だと…!!
何気にリイド社率は高いのです。
白泉の女子小学生はじめましたPでも良いのですがさすがにそれを知らないコミック担当はいないと思うわけですよ。

やはりリイド社だからかまだ1巻だからか、子供二人という困難な旅のはずなのに大きな問題は発生せずに行く先行く先いろんな人に助けてもらうほのぼのとはちょっと違うかもですが人情の話になります。

で、その人情シーンを載せようと思ったのですがちょっと時間が…とかなりマジで腰が痛くて吐き気がやばい。
後で、遅くとも明日の同じ時間くらいに追記で載せます。

で、その続き。
渡し舟に乗る際にまとめておいた一文銭をばら撒いてしまい、周りの人たちに拾ってもらうのですが
CIMG0154.jpg
3文みつからず、まけてもらいました。
良くある話?です。しかしまだ続きます。
そして川を渡っている間に同席した人たちときゃっきゃうふふした後別れの際、不安な二人を見た人たちは
CIMG0155.jpg
二人のために馬に乗せてあげるのです。
伊勢参りが信仰の旅でお布施をするのが通例とは知らなかったです。
勉強になりますな。

こうして馬方の人も
CIMG0156.jpg
こんな寝顔みたら施行しなきゃならんよね…。

そしてそして神奈川宿へたどり着いた二人。
ここで初めての宿をとる事に。
しかしほとんどお金の無い抜け参りは安い木賃宿か無償の宿に泊まるのが通例だがそんなことは知らずに良い宿の門をたたく十といち。
普通なら門前払いなのだが…ちょうど女中用の部屋が空いているのでそこで無料で泊めてもらえることに。
ここが実は私かなり好きでただたんの何気ない1シーンなのですが流れが自然すぎるんですよ。
もちろん現実で考えたら不自然なんですけど、ぇー金の無い子供だけを泊まらせるわけないじゃんってまったく思わないんですよね。しかも宿代の代わりの手伝いを十といちから言うんですよね。
ここで宿側から宿代の代わりに手伝えって言っちゃうと人情感が薄れちゃうんですよ。本当に良く分かって描いてると思います。

こうして迎えた2日目の朝。
CIMG0157.jpg
おにぎり(重要)をもらいました。
宿もただにしてもらっておにぎりまでもらう代わりに、「じゃあ」下ってくる旅人に宣伝しておいておくれ。
また同じような事いいますがこの「じゃあ」がいいのですよ。
このおかみさんマジでいいわ。
元々何かを押し付ける気はない、だけどこのままじゃこの子たちに気を使わせたまま旅立たせる事になる、ととっさに言った感が私の中でするんですよ。もちろんそんな事考えて描いてるのかは知る由はありませんが。

CIMG0158.jpg
とても心配になる旅立ち方である。
でも
CIMG0159.jpg
大丈夫ですよ。かわいいから。
連載誌がLOじゃなくて良かったと痛感します。

道中せっかくもらったおにぎりを落としてしまいます。
でもすぐ拾ってもらいます。(これも超自然すぎるんだよなぁ…)
そしてそのおにぎりを食べていると。
CIMG0160.jpg
神奈川で宿を探している人が!!
これは宣伝のチャンスですよ!!

CIMG0161.jpg
微妙にちがーう!!
おにぎりがここで生かされるとは。
やっぱりどこか不安な二人でもこの後も結局なんとかなるのがとても良いです。
悪い人の所為で泣かされる話は2巻以降も描かないでほしいですね。

話数の間に
CIMG0162.jpg
こういう解説があるのも鉄板ですね。

おすすめーーー

最近は変な話ばっかりやってるからおすすめしますよ。
その前に。
ちょっと前にMWから何故かうちにギリギリアウト1巻が見本献本されてきたのですよ。
まあ宛先が私の名前じゃなくて店の名前だけなので特約店には配ってるんじゃないかと思うのですが。それで、あーそうか2巻も出るし1巻また入れて一緒に置くかー黒と一緒に。と決めたわけなのですが、なんで1巻KADOKAWAに在庫ないんですかね?なんのために送ってきたんだい?
重版はかかるようですがなんで2巻の発売日に重版出来なんですかね?2巻と一緒に置くの事をお願いしているのではないのですかな?
その辺り一応は同じ会社のebは中々しっかりしてます。新刊と一緒に置いてくださいという既刊がちゃんと新刊よりも早く店着してます。

おすすめ。
CIMG0107.jpg
今色々大変な事になっている。
スクウェア・エニックス ガンガンジョーカー(連載中)
秋タカ 恨み来、恋、恨み恋。
人間と妖怪が共存する町、十二町。
そこは十二支の名を冠する長が治める不思議な所。
その子(鼠)の名を持つ一族の党首「子国恭一」に昔々鼠に騙されたことをずっと恨み続けている妖怪「恨み猫」が現れる。一族皆殺しが目的の恨み猫に対し、恭一は
「子国家を根絶やしにするんじゃなくて俺だけを恨み尽くす方が楽だし楽しいんじゃないの?」
と問いそれに恨み猫は
「一族のために自己を犠牲にできる人間なのか見極めさせてもらおう」
と返す。
そして始まる実はウブな女の子の恨み猫との生活。
次第に変わっていく恨み猫の心。
恨んでいるはずなのに…この気持ちは何?その感情はあつく、危険。

何かスクエニって初かもしれない。
スクエニの漫画自体は大好きです。漫画は。
でもその中でジョーカーは正直言ってそんな好きな方ではなかったのですよね。

導入がちょっといきなりでわかりにくい感があったのですが
可愛いラブコメとシリアスが実にマッチしてていいです。
(そういえばおすすめするのラブコメばかりだなぁ)

その超絶可愛い恨み猫「猫ヶ崎夏歩」が……可愛い!!
見てくださいこのシーン
CIMG0108.jpg
説明通り恭一を見張る恨み猫。
いつでも首をはねられるんだぞと言わんばかりのこの恐ろしさである。
なんと危険な妖怪なんだ…。

CIMG0109.jpg
ずんずん。がばぁ。

CIMG0110.jpg
可愛い!!
夏歩って呼ぶぞ。
それはやだ…ってうっうらめしい…ぞっ…このぉ…
このセリフに私は死にました。
うらめしいという言葉にこんな破壊力があるとは。

この恨み猫夏歩はかなりの人見知りで普通の猫の姿にもなれるのですが疲れるという理由で人型のまま恭一をつけたりするのではぐれて人ごみに紛れた時なんかは本気で泣きそうになったり弱音をはいたりしてもう怖い妖怪というよりは本当に可愛い女の子です。
人型の時は耳を隠してますが動揺すると耳が出てしまうのでそれにまたあせるのが可愛い。
そうはいってもやはり猫なので
CIMG0111.jpg
カリカリカリカリ。
こういうのは実に猫。
夏歩はこの町の住人ではなく外のド田舎からやってきたのでこちらには住まいは無く、十二町は人が多いので人見知りな彼女はもう…帰りたい。とか言っちゃうのも可愛い。
とまあそんな感じで野宿なんてさせたくない恭一は夏歩を家にいれ、
CIMG0112.jpg
服を洗濯中なのではいてない夏歩。

CIMG0113.jpg
そして寝顔が可愛い夏歩。
男なら変な気を起こさない方がおかしい。

CIMG0114.jpg
この前にちょっとある事が起こるのですが
下はいてない状態で騎乗位な態勢にプルプルな夏歩。うらめしい。
しかしだ。そんなことに恥ずかしがってるけど猫形態の時ってこうも…まるだ…。

というわけで恭一と夏歩とのドキドキ同棲生活が始まる!?と思いきや。
いや実際最初はけっこうそんな感じの生活なんですけど、
恭一の優しさと楽しい生活に触れるうちに恨みとは違う感情が夏歩の中に芽生えるのですが、それが内に秘めたどす黒い物が表に現れるきっかけとなり暴走したり、それを利用されたりとただのドキドキ妖怪ラブコメではなくシリアスやバトル要素もかなり含まれています。その辺はオンラインではなくジョーカーらしい。

1巻のバトル役恭一さん大好き!!すぎる牛の一族の「牛蔵朱華」も可愛い。
本当に恭一好き好きすぎで、性格も良くてちょっと馬鹿なとこも良いキャラしてます。

町の闇の部分とかもある感じなのでストーリー性もかなり高いです。
帯とか裏表紙の説明だとそういうのがまったく分からないのでぜひとも読んでいただいてただのラブコメではないという事を知ってほしいです。
だったらそういうとこ紹介しろ?夏歩が可愛すぎるのが悪い。

おすすめ

最近コミックの紹介してないのでします。

CIMG0062.jpg
小学館クリエイティブ 少年エッジスタ(オンライン雑誌)連載中
原作粒々辛苦 作画咲良 我が愛しのヲタ彼女

週3日しか学校に来ない病弱な美少女。
周りからは神秘のヒロインと呼ばれている白石雪に恋をした平凡男子坂入春彦。
思い切って告白するが…玉砕!!
だが友達からはじめるという事には成功。これを機に進展すれば!!と思った矢先
友達には隠し事をしたくない、私のすべてをお見せします。
覚悟はいいですか?
そう彼女は病弱で週3日しか来ないのではなく、すごいヲタクな不登校児だったのだ。
いつもとは口調も変わりオタク全開の彼女に春彦はどうなる?どうする?

まだ紹介してない先に出たコミックスもあるのですが急きょこちらを。
理由は何かちょっと話題になりつつあるようなのでなってからだとやりにくいので。

前の作品の擬態彼女返品しなければよかったです。出た時展開したのですがまったく売れなくて返品してしまったんですよね。もちろんこれが出るというのが分かる前ですが。ヲタ彼女の方は売れそうな気がするのでこれから入った人に向けて並売します。

で、作品紹介なわけですが
表紙の通り普段は眼鏡をかけており、そのミステリアス性から妖精とも言われている雪ですが、眼鏡をはずすと彼女は超ヲタクで饒舌な本性が現れます。
かといって学校では完全には春彦に妖精モードで接しているわけでなくヲタモードになったりするのが良いです。それがちょっとしたしぐさだったりするので本性をしっている春彦だからそれが分かるので本当の雪を知っているのは俺だけなんだって感じがすごい良いのですよ。

というわけで可愛い雪さんをご紹介。
CIMG0063.jpgこちらが学校での雪さん。実に妖精。

そして
CIMG0064.jpgヲタモードの雪さん。可愛い。

CIMG0065.jpgヲタクあるある。私も似たような理由で友達から金借りたことあるわー。

私こういうの大好きなのですが
CIMG0068.jpg雪さんたまにデフォルメっぽくなってしかも半目っぽくなるのですよね。半目って可愛いですよね。

そして特にこれ良い。
CIMG0069.jpgクレープ奢ってもらってご満悦の雪さん。
これこれ!こういうのですよ!!
これは食漫画ではありませんが、最近流行の食漫画で共通するのはこういう絵なんですよ。
もちろん咲良先生の絵が可愛いのでより良いという事ですが、萌え系じゃなくてもやっぱり食べている所が良いっていうのは絶対条件ですよ。もぐささんだって萌え系の絵じゃないけど可愛いし。これから流行にのって食漫画を出そうという出版社はおさえておかないといけない要素ですよ。

最後の画像はこちらすごくあーーーわかるーーーという所。
冒頭のシーンなのですが
CIMG0067.jpgゴールデントライアングル!!
しかも雪さんは白ニーソなのでさらにこうかはばつぐんなわけです。
prprしたい。

初めはイメージと違うと絶望していた春彦ですがどんどんヲタな彼女に惹かれていきます。そして自分の秘密の趣味を認めてくれる春彦に雪も惹かれていきます。そして1巻最後で…キスをします。
おい!!ネタバレすんじゃねーよ!!と思った方。
そのキスの仕方が問題なんですよ。もうね、なんというか、某部位がおっ…言えない!!
気になる方はぜひ読んでください。
雪さんみたいなキャラからしてくるのがさらにいいのですよ。

書店の報告

おすすめも紹介せず見てきた書店の感想。

横浜有隣堂コミック王国さん
勝手なイメージだったのですがもっとコミック専門店っぽいつくりだと思ってました。
これはなんていうのか私の頭では分からないのですが通路はさんで売場が2つあるのは万引きとか大丈夫なのかな?って思いました。

サイン色紙はたくさんありましたが手書きPOPがほとんどないです。
漫画読みのレベルが高い人が集まるのでそういうのはいらないというのは別のお店でも感じた事があるのですが、だからこそハガキサイズ1枚だけでもつければもう1割くらいは伸びると思うんですけど…。1割のためにするかどうかはお店の判断ですが私はコミック王国さんは別かもですが純粋な専門店さんはやっぱ手書きPOPほしいんですよね。
こっちなんかちゃんと場所作っても少女終末旅行がまだ1冊しか出てなくて、ただ置いてるだけのうちの本店が10冊でているというのに…。
やっぱ私は働いてる場所間違えてるのかな?

中卒労働者のから始める高校生活が1巻~3巻面で置いてあるのはうれしいです。
もっと伸びて良いタイトルだと思うんですよね。

少しグッズが置いてあるのですが一部そのタイトルが入ってる棚にグッズを組み込んでいるのはいいですね!!これは私もやろうやろうと思っていたのですがその場合当然今入っている別のコミックスを抜く事になるので中々動き出せませんでしたが実際やってるのみるとやっぱりやならないとなぁと感じました。
まずラブライブでやろう。

三省堂海老名店さん
とりあえず下の階にダイソーあるのいいなぁ。
展開用の花とか簡単に買いにいけるじゃないですか。
まだまほよめ展開してて良かったです。残念ながら被り物は海老名店さんの物ではないそうなのでありませんでしたが。
ちょっとしたグルメコミック棚がありまして、いぶり暮らしの横に薫製の本がありました。うちだとあまりこういうことやっても出ないのですが関連するのをちゃんと隣に置いておくのは簡単なんですけど中々それやってる書店ってみないです(何かえらそうですみません)

ここもサイン色紙が多いですね。後かなりサイン本も販売されているようですね。
良くこのようなお店でどうやってもらっているんですか?と聞くのですが
自分で頼む場合もありますがけっこう出版社からくれることあります。
販売数の差はものすごいので仕方ないのですが私にはそんな話めったにこないですね。
まあ業界の悪いことばかり言う人にあげたいとも思わないでしょうが。

失礼ながらやっぱり…、もう少し手書きが欲しい…
私そんな感覚なかったんですけど某版元曰く今中々ハガキサイズのPOPを書いてくれる書店は少ないと言っていたのですが本当にそうなんでしょうか?そんなの書くの普通なんじゃないの?って思ってるんですが特に専門店(って書くとまた怒られそう)さすがに時間の都合出来ませんが私は面にしてるコミック全部に小さくてもPOPつけたいと思っています。
その変わり賞をもらうような大掛かりなのは一切しませんが。

で、ちょっと良さそうなお店を見つけられなかったのでその後は小田急で新宿まで行って…ブックファーストさんにある小泉さんのサイン入りどんぶりを見に行きました。で、写真とりたかったのですが売場にコミック担当のSさんがおらず、以前かなり永くいてご迷惑をかけたので呼んでもらうのも申し訳なかったのでそのまま帰路の電車へ…
と思ったのですが駅で→御茶ノ水方面という案内…
……丸善御茶ノ水店さんに同じ物あるんじゃないの!!
という事でそちらに向かいました。ありませんでした。じゃあ
コミックZINさんならあるんじゃないの!!という事で秋葉原まで。ありませんでした。が、普段あまり2Fまでいかないのですが何かないかなーと思い2Fへ行ったのですが、ZINさん専売のバイクの同人誌を2冊見つけました!!買いました!!
今度からZINさん2Fにもこっそり行こう。

あ、そうそうZINさんなぎさ食堂とこはなとまんがくらぶ(両作品のコラボ読切がのっている)を並売していましたねー。これやった方が良いって言われるんですがそれは分かります。が、配本ないんですよ。付録とかに合わせてそのタイトルと併売したくても出来ない場合が多いのです。その場合はたまにどこかの版元が〇〇の新刊と併売してくれる書店○○何月号指定つけますっていうのやりますがもっと版元側でそれ積極的にやってもらえませんか?

しかしどんぶりを発見することは出来ず、とらさんとかならあったかもですがあったとしても撮らせてくれなさそうな気がしたので。

うむぅ。そうするとやっぱり早々に玉川上水行ってそのまま西のある専門店さんにいくかぁ。今ならおっぱいもめるやつとスカートめくるやつあるし。でもここもかなり足運んで迷惑かけているのでちょっと行きにくいんですよね。
レジの子に写真撮ってもいいですか?って言ったら撮らせてもらえますかね?そうしたらコミック担当者様呼んでもらわないでこっそり帰るのですが。

日にちはずれますが。
本の楽天伊奈店様
ここの面白いのは駄菓子を売っているとこなんですよね!!後せんべえとか。良いわこういう雑貨雑貨してる店。
だがしかしと一緒に売場作れますね!!やってほしい。
ちょっと緊張したのがいきなりここの社長さんが出てきたんですよ。
でもすごい雰囲気良い人で業界の同じ不満を持っている人ですごく好印象なお方でした。
こういう人のとこで働きたいなぁ。
もちろんここの中の事は分かりませんが従業員の方みんな仲良さそうな雰囲気でしたし、レジでのお客様の対応もじつはチラチラみてたんですけど町の本屋って感じで良いですね。
本当に同じような悩みを抱えていて久々に親近感を覚えるお店でした。

しっかし駄菓子は本当にいいなぁ。100円にぎりしめて買いに来るクソガキどもと戯れたいです。
そういうガキが大人になって久々に店にきて
おっちゃんまだ生きてたんか?俺結婚して子供いるんだけどその子供と駄菓子買いに来たんだよ。
とか言ってきて、私が
お前なんかの所にきてくれるんじゃすごい良い人なんだな大事にしてやれよ。
とかそういう会話してみたいーーーーーー。(ひどい妄想)

あまりにも居心地が良くてすごい時間いました。うちならお客様からクレームがくるレベルですよ…本当にすみませんでした。そして帰りに駄菓子買おうと思って忘れました。ただモロッコヨーグルは無かった。あったら即まとめ買いしたんですが。
時間がたってしまったので行く予定だった浅草と三省堂ソラマチ店さんはまた今度にしました。

通販でさんぷるんのラーメンでも買って自分で作ろうかしら。





また行ってくるのですよ

明日は伊奈の本の楽天伊奈店さんへ行ってくるのですよー。

その後はどうしようか迷っているのですが
浅草まで行って小泉さんとかの展開用に食品サンプル系買って
浅草まで言ったならスカイツリーまで行って三省堂ソラマチ店さんまで行ってみようか。

しかし商談会2部の話もしたいですし、ついこの前の書店の話もしたいですし、

今日発売の我が愛しのヲタ彼女おすすめしたいけどその前にちゃんとおすすめしたいのたまってるし、バイクいじらなきゃならないし

バイクといえば
ロナックス500って何あれ!!
あんなすっごいのいつのまに出てたの!?価格もすごいけど!!(13,980,000円)
しかしですよ
2スト160馬力、145kg公道走れるとか夢溢れすぎでしょ。
モデルがNSR500っていうんだからさらに憧れるわぁ…。
海外のメーカーはまだ夢に向かって走ってる。日本は…なにしてるんでしょうね。

おすすめしたいけど

おすすめなのですがちょっと時間ないのでタイトルだけ。

双葉社 盤上の詰みと罰
一世を風靡した後突如将棋界から姿を消した若き女流棋士がいた。
彼女は1か月毎に記憶をなくしてしまう病?におかされていた。
そのきっかけとなった対局相手を探す笑顔の全国将棋旅。

双葉社 ふうちゃんとおじいちゃん
小学一年生のふうちゃんはどうみてもおじいちゃんに見えないイケメンの
おじいちゃんと二人で暮らしています。
特に目立った波乱もなく、のんびりまったりな日常。先生可愛い。



行きたい書店メモ
三省堂ソラマチ店

久々に書店巡ってきます。

久々に書店見てきます。

法事で11月9日に横浜までいくので終了後見てきます。
確実なのは前回横浜行ったのにいかなかった
有隣堂コミック王国さん
その後
海老名の三省堂海老名店さん
という超有名店なのでその間に何か面白そうな小・中規模書店がないか調べておきます。
もしその近辺行くならここ見ておきなっ!!というのがあったらもうあさってですが情報ください。
というかですよー。思った以上に出版社の人見てるなら
ここの書店いいですよーっていう情報くださいよー。

おすすめ

新しいデジカメなのですが画質はすごい良くなった(気がする)
のですが使い勝手は前のやつの方が良いです。
分解して直せるなら直してみよう。

商談会のコミック勉強会の2部はもう少々お待ちください
(待ってる人なんていないと思いますが)
最近変なシフトの所為か体調を崩してしまっておりまして
今週のコミックの集まりはマスク嫌なんですけどマスク着用ですな。
行けなかったりして。

おすすめです。
発売からかなり経っていますが、あくまでツイッター上だと読んだ感想みたいのは
好評なのが多いようなのですが、私がちょこっと見た限り、某専門店しか推してる感が
ないのでぜひとも推していただきたい。うちも複製原画ほしいです。
サイン色紙か複製原画どちらか用意出来ませんって言われたら複製原画選ぶ。
CIMG0014.jpg
新潮社 @バンチ連載中
おみおみ バベル式神ガール

言いたいことがはっきり言えない小心者の高校生日高くん。
入学式に突然女の子の大きな大きな声が聞こえてきました。
だけど自分はその声にあんなにびっくりしたのに周りの人は何も動じずまるで自分にだけしか聞こえていないようでした。しかしそんな彼を見つめる人影がありました。
いきなり高校デビューに失敗した日高くんでしたが突如変なきぐるみ(を来た人)に連れ去られます。
その先は「部室棟未満管理部」通称「かみさま部」
そこにいたのは部長・着ぐるみの人、そして、
あの声の主のとってもとっても大きな女の子。
彼女はその部室棟未満の神様。
わがままではらぺこの女の子と小心者の男の子との
らぶらぶ?友達学校生活が始まります。

わがまま可愛い。

神様の声が聞こえるのは特別で神様の要望に応えて機嫌を損なわないように
するのが部活内容です。
それをしないと学校が大変な事になっちゃいます。
で、今年その声が聞こえる子が現れないと部室棟未満が崩壊するという大変な年でした。

この神様が可愛いのですがその前に紹介しておきたいことが。それは。

部室棟未満の内部
CIMG0015.jpg
外観もすごい大きく細かいのですが特に内部のこの幻想的でごっちゃりしてて祭りってる背景大好きです。
基本この部室棟未満内での話になるので背景の書き込みがすごいです。
かなり大変だろうなぁって思います。
こういうごっちゃり系だと1ページ内の情報量が多くて疲れる!!と言う人もいると思いますが背景書かない所は書かないので疲れません。その配分がすごい良いです。

というわけでメインとなる神様がこちら。
CIMG0016.jpg
ぷくーっとしているのは「はらぺこ」だからです。
なんではらぺこ女の子ってこんな可愛いんだろ…。

以下ネタバレになりますが重要なので。
この神様とわいわいやっていく内容ですが大きいのでやはり色々問題があったりします。
その最大の問題点「おやつが小さいので腹が膨れない」を解決するために
通常の女の子サイズにするという事があるのですが。

これは大きいから良いんだろ。小さくしたらただの神様学園ライフになっちゃうじゃないか。
とか思ったのですが…。間違っていました。

1巻だけの内容なので今後変わってくるかもですが、
小さくなることを覚えた神様は以降普通の女の子サイズでいるのですが…
CIMG0017.jpg
「特に」嫌な事があると大きくなります。
それによって感情の分かりやすさがとても可愛い。

色々あって不思議なうさぎがいて、それにはぴょんこさんという名前を日高くんはつけてあげるのですが。
このうさぎとの出会いは日高くんにとって「とくべつ」な存在になったので名前をつけたのです。
で、それを聞いた神様。
CIMG0018.jpg
この表情である。
はぁはぁおっちゃんなんかラブコメに匂いがしてきて興奮してきたよ。

そしてそして
あのはらぺこ神様がおやつの時間に
CIMG0019.jpg
おやついらない!!
そして
CIMG0020.jpg
ごらんのありさまです。

なぜ神様はこんな風になってしまったのか?
それは「とくべつ」な存在には名前というのもがあり、自分には名前が無い。
つまり私はだれからもとくべつな存在じゃない。さらに言うと。
日高にとって私はあのうさぎより下のなんでもない存在ってことなのね!!ぷんぷん!!
という事です。
それに気が付いた日高くんはこの神様に「花」という名前を付けてあげます。
その時の花のツンっぷりが可愛すぎるのでそれは読んでください。

そして最後のページが良い。
CIMG0021.jpg
もう完全にメスのかお…失礼。
恋する乙女の顔じゃないですかーーー。

花は間違いなく素直になれないキャラなので日高くんを意識したうえでのツンツンやり取りに悶えたい所です。


プロフィール

どこかの書店員

Author:どこかの書店員
FC2ブログへようこそ!

ブログ内検索
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンにゃー
オンラインカウンにゃー
現在の閲覧者数:
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気によって売り上げが変わるのです

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。