スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬だって恐ろしい

本日発売の神様のバレーが気になっていたのですが
入荷が0冊なため、同じく以前入荷が無かったけど気になって追加注文したコミックが入荷いたしましたのでそちらをご紹介。

IMGP2633.jpg
メディアファクトリー ケモノシマ

臨海学校で訪れた島。
本来ならば楽しかったはずの行事はある生物によって惨劇へと変わる。
そしてその生物は人間によって身近なであった。
この犬の群れはけっして食料として人間を襲っているのではなく殺すために容赦なく襲いかかって来る。
ただの犬VS人間の戦いが始まる…
そして…犬だけでなく他の野生生物も襲ってくる…かもしれない。

帯の裏表紙側にゾンビや怪物ではない。身近な動物の戦闘力がヤバい。
と書かれていますが、本当に犬が本気で襲ってきたらたしかに人間では武器を持っていない限り勝てないというのが分かります。友人が飼い犬に突然かまれて大けがしたことありました。
最近のこの系統はたしかに人外が多かったので身近な生物にスポットを当てたのは良いと思います。
なまじ人間の近くにいる生物なだけに恐ろしさが認識しやすいです。

でもちょっと不満点や今後に期待したい事
犬のかしこさをもっとアピールしてほしい。人間が驚くような罠を犬側が仕掛けてほしい。
人間側は中学生なのですが、犬への対処法をネットで以前調べたと言うのですがそれにしても中学生がうまく犬を撃退してしまうのはちょっと違和感。一人ぐらい教師を残しておいてその先生が生徒に教えて、先生は後で殺すくらいでもよかった気がします。
これは1巻のラストから期待できそうなのですが離島に隔離されてしまっているわけなのでサバイバル要素も欲しい。
一番の問題は絵です。
表紙だと講談社系のちょっとリアル系を思い浮かべそうなのですが
死体の描写がちょっと控えめだったり人物も何かこの話には合っていない気がします。
元々ギャグ漫画を描いていた方ですがもう少しリアル調にシフトしてほしいです。
なんか昔の志名坂高次を見ている気分になります。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どこかの書店員

Author:どこかの書店員
FC2ブログへようこそ!

ブログ内検索
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンにゃー
オンラインカウンにゃー
現在の閲覧者数:
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気によって売り上げが変わるのです

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。