スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やはり大型店からはもっとお客様へ提案がほしいなぁ

9月12日は書店と出版社の集まりへ行ってきたのですが正直もう少し
出版社の人数減らしていただけるとありがたかったり。
後やっぱり周りの人がすごすぎて自分から行けないんですよね。郊外中小書店だけとかそういうのでも
ありがたいかも。

本題の前にオススメ
IMGP2929.jpg
ほるぷ出版 メテオコミックス 深海魚のアンコさん
人間と魚が陸で共存している世界。
魚は人魚となり陸に上がり、普通の女の子として生活しています。そのため人間の中には
人魚マニアもいるほど浸透しています。
でも、魚の習性が抜けてはおらず時にはその所為でトラブルが発生したり、
また、陸で生活するには人間の足にしなければならずそのためには薬を飲み続けなければならず
それを忘れてしまうと…。

とにかく人魚達が可愛いの一言。
多種多様な魚の習性を見事に擬人化しており、魚知識も深まります。
ツンデレやアホな子たくさんいますがそのキャラの性格に見事にマッチした魚を選んできています。
高級鑑賞魚だとやはりプライドが高いです。

フレックスコミックはソフトバンクからほるぷ出版に変わってから本当に良い漫画を出しますね。
メテオコミックス創刊からつまらないのが無いのがすごいです。
(でもオススメしてもあまり当店だと売れないんだよなぁ…悲しい…)
女性向けのポラリスコミックスも出るの待ち遠しいです。展開したいの多すぎ。

さて。
ちょっと某書店をついでに見てきたのでそれで思ったこと。
その店は大型チェーン店なのですが、出版社からの拡材もちゃんと使っているし複製原画も良く展示してしっかり商品も並べているので私は嫌いではないお店でなんですが、ただ欲しい本がしっかり入ってきているはずなのでだからこそもったいない。
上記のような複製原画フェア等少し詳しいコミック担当なら展開していても正直当たり前のようなタイトルで
平台や面陳タイトルにこれはっ!!というのが無いのがもったいない。

なんでこんなこと思ったかと言いますと
私が拝見している間にかごにすごい量の新刊コミックをメモ見ながらかごに入れている人がいたんですね。
その人は間違いなく超漫画好きで自分で好きな漫画の発売日や新作チェックしている人なんだと思います。
そういう人は自分で良い本見つけて大量に買って行ってくれるのでありがたい。
とか思っちゃいけないと思うんですよ。

どんなにすごい漫画好きでも自分に合ったコミックを全部把握することなんて出来ないんですよ。
コミック担当やってても分からんのに…。
そんな人にこそコミック担当がこれっ!!というのをオススメしてほしい。
大抵コミック担当が良いって言うのは世間的にはそんなに売れていないってのが多いんですよ。

そんな時超漫画好きの人に手に取ってもらってその人が共感してくれて他の人に薦めるかもしれないですし、
レビューサイトとかやっているかもしれない。
そこから口コミで広がっていく可能性もある。何から火がつくのか分からないのです。

そうなれば出版社はこんなに良い作品なのに振るわなかったため打ち切りにする。なんて悲しい事も減るかもしれないし作家もうれしい。

大型店・専門店っていうのはそういう人たちへアピールするのに最適な場所なんですよ。
だってみんな行きますもん。来店数が多ければそんなチャンスが多いんです。

私は大きいくせに展開していなくてここのコミック担当はだめだっ!!なんて思わない(ちょっとだけは思うけど)
出版社の営業はなんでもっとこれを応援してくださいと売り込みにいかないのです?
いや私が知らないだけで行っているんでしょうか?

当店の様な中小じゃない、大型・専門店で広めてもらいましょうよ。
面白いのが単行本売れなくて終わっちゃうなんてのは本当に悲しい。
(実際次の巻の売れ行きでそうなるかもって話があったので)
中小は自分で見つけて自分で勝手に展開するのでぜひ大きい所へ行って売りこんでください。

誤解の無いように、本心は来てほしいのですよ。でもそんな時間あるなら向こうへって事です。
当店の様な郊外店へわざわざくる時間で都内数店は回れるはずです。







コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どこかの書店員

Author:どこかの書店員
FC2ブログへようこそ!

ブログ内検索
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンにゃー
オンラインカウンにゃー
現在の閲覧者数:
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気によって売り上げが変わるのです

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。