スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナウシカ的な世界観の砂漠戦記

結局12月のコミックスを紹介する事に。

秋田書店ボニータコミックス
梅田阿比 クジラの子らは砂上に歌う
IMGP3258.jpg
砂がすべてを覆い尽くす世界。
その砂の海に浮かぶ漂泊船で暮らす人々がいた。
彼らには不思議な力があるが短命でありそれが運命だと受け入れるのが当たり前であった。
漂泊船を泥クジラと呼びそこで一生を終える彼らにとってそこがすべての世界。
それでも幸せの日々が続いていた。
しかし…
「外」の住人と出会った事で彼らには思いもよらない悲劇の運命がおとずれる。

ナウシカ的なのは砂漠というよりも建造物のデザインがジブリっぽい。
少年少女がメインの話なのですが最初は短命の種族の為すぐの別れに泣いたりはするものの日々笑って過ごしており、とても幸せな生活だったのですが、突如外の世界の住人が襲ってくると幸せな日々が一気に急変して超シリアスに変わります。しかもそれが1巻終盤なので泥クジラの謎を含ませつつ一切明かされないので続きが気になります。
大人がどんどん殺されていくのでおそらく2巻からは帯の通り子ども中心のメインストーリーが展開されそう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どこかの書店員

Author:どこかの書店員
FC2ブログへようこそ!

ブログ内検索
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンにゃー
オンラインカウンにゃー
現在の閲覧者数:
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気によって売り上げが変わるのです

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。