スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱりちゃんとおすすめします。

(書いたのに下書き状態のままだった…)
瑠璃宮夢幻古物店をやっぱりちゃんとやろうと思います。

一体どこのシーンをどう書けばいいのか寝ながら考えてたら
魔法科高校の劣等生を見逃しました。

というわけで改めて
IMGP3835.jpg
双葉社 月刊アクション連載
逢坂八代 瑠璃宮夢幻古物店

静かな住宅街に佇む古物店。
そこには古美術としての価値はない商品ばかりだがなぜか人を惹きつける物が並んでいる。
そんな店には謎の美人店主「瑠璃宮真央」がいる。
客に対して商品を高く売りつけるわけでもなく、まるでこの商品があなたには必要だと
導かれるまま訪れた者に売るだけ…。
しかしどれも曰く付きの物。店主がただ一つ客に求めるもの…それは…
使い方を間違えないように…。(前回のコピペ)

感想は前回を見ていただくとして。

私がこれはほんとにアウターゾーンと思った話。

引っ越してきたばかりで友達が出来ず、いつも古物店にいるカスミさん(黒猫)
におやつをあげに来ていた少女ゆいかちゃん。
カスミさんにまるで案内されるかのように古物店へ入り、真央から
おやつのお礼とくまのぬいぐるみをもらい帰宅…そして…

マロンという名前をつけて話しかけたら…
IMGP3855.jpg
しゃべりだした!?

そして自分は人間と友達になるために生まれ、「いままでの人は自分を置いてしまった」
と語ります。
マロンの友達になったゆいかは今まで以上に学校が終わるとすぐ家に帰るようになり
ますますクラスからは浮いた存在になっていき。

そんな状況にマロンは「学校にお友達はいないのかい?」と問いかけ
IMGP3856.jpg
怖い!!
絶対この後友達出来てマロンがないがしろになってホラー展開になるよね!?

そして予想通り
ゆいかの友達になりたいと
IMGP3857.jpg
クラスの女子が話しかけてきます。

そしてそしてはやり
IMGP3858.jpg
キミも僕を捨てるんだね…さようなら…

こうなるとマロンが何かしでかす。
というのが私の貧弱な予想だったのですが。

IMGP3859.jpg
ずっと大切な友達だよ。
この言葉を境にまるで自分の役目を終えたかのようにマロンが言葉を話すことがなくなり、
心が通じているからこそと真央はゆいかに諭します。
そしてゆいかは「私が死ぬまでずっと一緒」という誓いを立てます。そして…

IMGP3860.jpg
IMGP3862.jpg
かつての友達の想いを心と言葉にこめて新しい友達の元に行くため再び古物店へ。

というかだ
なんで真央さんそのままの姿なんだよ!!ほんとミザリィじゃないですかー。
ちなみにハッピーエンドは1巻の話の中でこれだけです。
あ、でも一応過去が見えるメガネのやつは2回目でハッピーエンドでいいのかな?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どこかの書店員

Author:どこかの書店員
FC2ブログへようこそ!

ブログ内検索
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンにゃー
オンラインカウンにゃー
現在の閲覧者数:
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気によって売り上げが変わるのです

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。