スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写真整理してた。

写真を整理していたら懐かしいのがでてきたので

IMGP2532.jpg
以前おすすめ展開してた
少女政府ベルガモット・ドミニオンズ
大体ちょうど1年前くらいですね。(そんな古くもないしかも過去記事たどれば普通にある)
本当はもっと大きくやっていた時があったんですがその写真は見つかりませんでした。
実はその時全然売れなかったので今は3巻まで出てることですしもう一度やってみたくなりました。

現実世界の人間が異世界へ来て政治をする。
というのは良くある話なのですが、この漫画の面白いのはそれがまったくの0スタートであること。
最近でいうとノゲのようなその世界で政治に関わるとしてもある程度その世界の社会というのは構築されているのが普通ですが、少女政府はそれが一切ない。
本当に妖精の世界を一から作っていくのが面白い。
そもそも少女達がなぜ異世界へ飛ばされたというと

妖精「なんか人間っぽい暮らしがしたくなったけど自分たちじゃどうしたらいいのか分からない」
じゃあ…
「人間拉致って来てやらせればいいんじゃないのっ!!」
という非道っぷりである。

電気・水道・道路もなければ経済概念もない。そんな中拉致られてきた少女達は
自分たちの得意分野を生かして政治を行います。
インフラ整備等もまずはこれを先にやった方が良いという描写があー本当に何もない状態からなんだな
というのがわかって面白い。貨幣の意味を理解してもらうのに苦労するとか。

ただ一つ不満がありまして。
こんな生活を進める妖精を良く思わないのがいまして、攻め込んでくるのがいるのですが
それを迎撃するのが魔法少女っぽく変身した少女達なのです。
実のところ最近読んでないので今変わっていたら申し訳ないのですが
そういうのよりも純粋に兵器も開発していってそれで迎撃するとかの方が私は好きです。
政治描写がリアルなだけにそこだけが残念でした。

ただアニメ化とかしたらそういう変身要素があった方が受け入れられるのかもしれないですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どこかの書店員

Author:どこかの書店員
FC2ブログへようこそ!

ブログ内検索
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンにゃー
オンラインカウンにゃー
現在の閲覧者数:
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気によって売り上げが変わるのです

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。