スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書店いってきたのですよ

神保町へ行ったので書店をちょこちょこ。

その前にスキャナの件
高くないですか!?
スキャナって言ってしまえば複合機のコピーとプリンタ機能を排除したやつですよね!!
あれですか、ノートPCと同じで薄くても高性能にするために部品を小さくする技術が高いんだよ理論ですか?
邪魔にならないようにスキャナだけ欲しいのでもうちょっと調べてみようと思います。

さて書店。ZINさんはもう良いでしょうし白銀妃を見に行くためだったので省略。
書泉ブックマートさん。
コミック系をまとめたビルの1Fにananがあるのが神保町って感じがする。
しかしリニューアルしてから行ったかもです。変わった感がなかったので。(前はアイドル書籍売り場があったの知っています)
棚が高い!!脚立はありますけどちょっと自分から取る気は中々しないです。
サインが階段につけてるのはちょっと良いなぁとは思ったけど当店だと盗むやついそうなのでやめよう。
たしか前にもぽつんとグッズを売っているスペースがありましたが、このぽつんとあるのが良いですね。
グッズもがっつり置く専門店は除いて、言ってしまえば一般店のコミック売り場だと色んな物があるよりほんの少しある方がちょっと買ってみようかなって気になるんですよね。
ちょっと今当店は一般店のくせにひとかたまりに置きすぎだわ。なのでその商品に関連するのは棚に組み込んでみようと思います。
ちょっと不満。トイレ分かりにくい!!案内の3F奥ってのが分かりませんでした。逆に案内無い方が混乱しないし従業員に聞きやすいかも。

恭文堂コミッククラフト店さん
もっと大きいと思ってました。でもですね。このくらいが良いんですって!!(18坪って言ってたかな?)良く売り場が小さい店の人は大きい売り場に憧れますけどなまじ売り場が広いと管理がほんと大変ですよ。それよりも既刊とか買うならすぐ近くの大型店行ってくれ。うちは本当に面白いやつをお勧めする店だって方がかっこいいじゃない!!
不要になったハガキサイズくらいのPOPの活用の仕方が私好き。出版社からくるPOPで裏が白いやつ。あれ捨てていませんか?使い道がたくさんありますよ。ぜひ恭文堂さんのように手書きPOP用に使いましょう。紙の経費も節約できますしね。
実はここ、コミックにシュリンクをしていないのです。まんが王さんの時も言ったのですが、経費とか手間とか抜きにして本当は当店もしたい。けどまず万引きがタグ入れてる現在でもかなり発生しているし、なによりこの2店のすごいのはそれで長時間立ち読みしている人に声かけても怒られないって事です。
うちだったら間違いなく「だったら開けとくんじゃねえ!!」ってほとんどの人が切れますよ。
ちゃんとマナーを守れる人でしたら新刊とか既刊どこまで買ったか確認したいけど従業員に聞きたくない人にはおすすめです。
コミケのカタログの仕入れ連絡先教えてもらいました。
実は5年くらい前に自分で調べたことあるのですが、連絡先調べるのにかなり苦労しました。しかも仕入れ条件がかなり厳しくてその時は入れなかったのですがやはり今回お話を聞いて入れたくなったので私責任で入れてみます。
今度の冬から。

この後渋谷行こうと思い、行った方がいい店をお聞きしましたら2つ教えてもらったのですが、それが一応調べておいた行く店とかぶらなかったので今回は教えてもらった方に行きました。
ちなみに
山手線で渋谷まで行こうと思い乗った所。あれ?高田馬場ついでに行けるじゃん。行こう。と思って行きたいリストを見る。ん?行った?キノコノクニヤ…あっ!!外車バイク本買った古本屋じゃん!!そして他の行った店も思い出しました。それまで行った事をまったく覚えていませんでした。

というわけでそのまま渋谷
渋谷TUTAYAさん
ここはすごいと言う事で。
まずはだ…7Fまでエレベーター以外で行くの分かりにくい。初見だと6F→7Fが難しかったわ。
たしかに(ある意味)すごい。在庫量がすごい。目線の棚には面陳スペースもあるし。
あの見本小冊子をぶらさげるための針金の使い方いいですね。ぶら下げるの好きじゃないんですけど目立つのでちょっとやってみようかな。
ブックファースト新宿店さんみたな2段くらいのアクリル什器を使うの好き。すっごい好き。当店もやってみたい。でも買ってくれない。欲しい。自分で買いたい。どこかいいとこないかな。
ところで、魔法使いの嫁の立て看板が足たたまれて隅に置かれていたのですが…もういらないならくれーーーー。
まじでくれ!!まだまだ展開していくので欲しい。

次は渋谷ではなくて池袋。
発端はBLでお勧めの店を教えて欲しいと投げかけていた答えをくれました。
芳林堂コミックプラザさん
実は2度目。
前はいつだろう…3・4年前くらいかな?
前の印象は正直申しあげてただサインが天井についているだけの店。
しかし今回は新刊などの面陳が見やすくなった(気がする)
今回行った中では最も何か新刊でてないかなーという時表紙で反応しやすかった。
BLは…ちょっと次で説明します。
気のせいかもしれないのですが、サブカル色がすこし薄れた?これは本当に気のせいかもです。

さて…教えてもらったのに気を悪くしないでほしいのですが。
今回ちょっと思ったのが私が考えるすごい店と出版社の人も含め他の人が考えるすごい店にはズレがあるんだなというのは今更感じました。これは私が中小書店さらに無名書店だからそう思うのかもしれませんが
書泉さんもTUTAYAさんも芳林堂さんもBLもちゃんと揃えてて読者から見れば欲しい本が大抵ある。これは書店において最も大事な事であって特にTUTAYAさんなんて無いのなんて無いんじゃない?ってくらいほぼ完璧。そういう意味では本当にすごいんです。実際そういう管理ってかなり大変ですし。
でも私が考えるすごい店はそれじゃない。
私は、目的買いで寄ったとしても他に何か面白いのないかな~って棚を見たときに「売り場が」これなんてどう?って提案してくれる店がどうかです。まあ当店がそれが出来てるのかと問われると出来てないんですけど。
個人的には手書きPOPは欲しいですがそれ抜きにして
この本が好きな人はこの本も好きだな。じゃあさらにその隣にはこれだな。というのを本当にやってほしい。
ただ注意。それをやりすぎるとデータで在庫管理している店は本来の棚に無くなってるの気がつかなくてその本聞かれたときにバイトさんが見つけられなくて後でバイトさんに「なんで本来の棚に差してないんですか!!」って日ごろ怒られます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どこかの書店員

Author:どこかの書店員
FC2ブログへようこそ!

ブログ内検索
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンにゃー
オンラインカウンにゃー
現在の閲覧者数:
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気によって売り上げが変わるのです

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。