スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おすすめ

あー忘れてた…。おすすめリプレイ本…。仕方ないので今度いつもルールブック系買いに来るお客様におすすめリプレイ本聞こう。

まあまずいつもの愚痴ですがとりあえずこの店の経営陣は私がコミックを売るために使う時間を余計な話でつぶさないでいただきたい。

おすすめは実はいつもあんなくだらない内容でも私はそうとう頭の悪い人間なのでかなり時間を使っていて家でも仕事をしているので(なのにこの店は私には時間があると思っている!!)回数減っているのですが最近おすすめ少ないんだよ!!という、とある方の要望により徐々に増やして当初の目的通りあんまり展開されなさそうだけどこんな面白いのがあるので良かったら貴店の店で推してくださいという事をメインにやっていきます。
いやでも言われた所って推してる作品もろカブリであんまりそこの方見ても意味がないんじゃ…

おすすめ
CIMG0145.jpg
リイド社 コミック乱(連載中)
山崎浩 てくてく東海道ぬけまいり

江戸時代。
親や奉公先の主人に許可を得ず、黙って伊勢神宮へ向かう人がたちがいました。
それは出会った人たちには名目上伊勢参りという言うが実際はさまざまな理由で旅に出る
抜け参りと呼ばれるものであった。
その抜け参りで旅にでたのは少年・十と少女いち。
伊勢にいる父親に会うために抜けた二人は江戸から伊勢の東海道456kmの冒険にいどむ。

お前がおすすめするのがラブコメじゃない…だと…!!
何気にリイド社率は高いのです。
白泉の女子小学生はじめましたPでも良いのですがさすがにそれを知らないコミック担当はいないと思うわけですよ。

やはりリイド社だからかまだ1巻だからか、子供二人という困難な旅のはずなのに大きな問題は発生せずに行く先行く先いろんな人に助けてもらうほのぼのとはちょっと違うかもですが人情の話になります。

で、その人情シーンを載せようと思ったのですがちょっと時間が…とかなりマジで腰が痛くて吐き気がやばい。
後で、遅くとも明日の同じ時間くらいに追記で載せます。

で、その続き。
渡し舟に乗る際にまとめておいた一文銭をばら撒いてしまい、周りの人たちに拾ってもらうのですが
CIMG0154.jpg
3文みつからず、まけてもらいました。
良くある話?です。しかしまだ続きます。
そして川を渡っている間に同席した人たちときゃっきゃうふふした後別れの際、不安な二人を見た人たちは
CIMG0155.jpg
二人のために馬に乗せてあげるのです。
伊勢参りが信仰の旅でお布施をするのが通例とは知らなかったです。
勉強になりますな。

こうして馬方の人も
CIMG0156.jpg
こんな寝顔みたら施行しなきゃならんよね…。

そしてそして神奈川宿へたどり着いた二人。
ここで初めての宿をとる事に。
しかしほとんどお金の無い抜け参りは安い木賃宿か無償の宿に泊まるのが通例だがそんなことは知らずに良い宿の門をたたく十といち。
普通なら門前払いなのだが…ちょうど女中用の部屋が空いているのでそこで無料で泊めてもらえることに。
ここが実は私かなり好きでただたんの何気ない1シーンなのですが流れが自然すぎるんですよ。
もちろん現実で考えたら不自然なんですけど、ぇー金の無い子供だけを泊まらせるわけないじゃんってまったく思わないんですよね。しかも宿代の代わりの手伝いを十といちから言うんですよね。
ここで宿側から宿代の代わりに手伝えって言っちゃうと人情感が薄れちゃうんですよ。本当に良く分かって描いてると思います。

こうして迎えた2日目の朝。
CIMG0157.jpg
おにぎり(重要)をもらいました。
宿もただにしてもらっておにぎりまでもらう代わりに、「じゃあ」下ってくる旅人に宣伝しておいておくれ。
また同じような事いいますがこの「じゃあ」がいいのですよ。
このおかみさんマジでいいわ。
元々何かを押し付ける気はない、だけどこのままじゃこの子たちに気を使わせたまま旅立たせる事になる、ととっさに言った感が私の中でするんですよ。もちろんそんな事考えて描いてるのかは知る由はありませんが。

CIMG0158.jpg
とても心配になる旅立ち方である。
でも
CIMG0159.jpg
大丈夫ですよ。かわいいから。
連載誌がLOじゃなくて良かったと痛感します。

道中せっかくもらったおにぎりを落としてしまいます。
でもすぐ拾ってもらいます。(これも超自然すぎるんだよなぁ…)
そしてそのおにぎりを食べていると。
CIMG0160.jpg
神奈川で宿を探している人が!!
これは宣伝のチャンスですよ!!

CIMG0161.jpg
微妙にちがーう!!
おにぎりがここで生かされるとは。
やっぱりどこか不安な二人でもこの後も結局なんとかなるのがとても良いです。
悪い人の所為で泣かされる話は2巻以降も描かないでほしいですね。

話数の間に
CIMG0162.jpg
こういう解説があるのも鉄板ですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どこかの書店員

Author:どこかの書店員
FC2ブログへようこそ!

ブログ内検索
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンにゃー
オンラインカウンにゃー
現在の閲覧者数:
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気によって売り上げが変わるのです

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。