スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハマっていく過程も楽しめる

実はガブリールドロップアウトを紹介しようと思いまして前から書いているのですが、どうしてもうまく書けないので(元々うまくないくせに)
ちょっと別なのにします。

おすすめ
CIMG1252.jpg
CIMG1253.jpg
双葉社 WEBコミックアクション連載
市川ヒロシ
どんぶり委員長

委員長=真面目
そんな絵に描いた様な文字通り委員長。
どんぶりなんて男の品のない食べ物…そう思っていた。
調理実習でクラスの男子・吉田が勝手に作った親子丼を食べたことで
委員長のどんぶりワールドが始まる。
そして吉田に
「この私のためにドンブリを作りなさい!!」
どんぶりにハマっていく委員長に毎度どんぶりを作らされる吉田はいい迷惑である。

帯を見ての通りですが、花や小泉さん系で目の肥えたグルメ漫画読者はこの絵にうーむと思ってしまうでしょう。
私自体はけっこう単純に可愛い絵もあるよなぁと思うのですが世間的でみたらまあうまくはないでしょうな。

が、委員長の行動はすごい可愛いです。
真面目で高飛車なので普段とは違うどんぶりモードになった時との差が実に良いです。

しかしご存じの通り?可愛い系が好きな私ですがこの漫画で他のグルメ漫画とは違う所があり、それに興味を持ちました。
花のズボラ飯やくーねるまるたみたいな作品と違い、
食べる側である委員長が料理が出来ない!!
そしてウチご飯や甘々と稲妻と違って料理を学ぶのではなく
他人(吉田)に作らせるのである!!
自分で作るわけでもなく、学ぶでもないのにどんぶりへの情熱が回が進む毎に強くなっていく過程が面白い。
ひどくなってくると吉田は事あるごとに急に呼び出されてどんどん新しいどんぶりを開発させられるのです。

なんとひどい女である。
お礼に吉田におっぱいでも揉ませてあげてください。
まあ吉田も吉田で徐々に委員長のために作る事を楽しむようになるドMなんですが。

本来のこの漫画の見所は
どんぶり限定という題材から軽くレシピが試せるという事

どんぶりという馴染みのある物なのでイメージがしやすく腹減る
という事だと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どこかの書店員

Author:どこかの書店員
FC2ブログへようこそ!

ブログ内検索
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンにゃー
オンラインカウンにゃー
現在の閲覧者数:
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気によって売り上げが変わるのです

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。