スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尾崎かおりはもっと売れていい

俺マン2015ニコ生にて見させていただきました。
やっぱりすごいなーと思うのが
「いやー自分それまだ読んでないんですよ」
というような感じが一切ないとこね!!

後、属性も漫画読みなんだなーって。
私は深く考えないで単純にぱっと開いてあ~面白い~しか感じない人なので
正直沙村先生とか私には難しい。

の、割に考えさせられるやつをおすすめするわけですよ。
CIMG2106.jpg
CIMG2107.jpg
新書館 ウィングス掲載
尾崎かおり
人魚王子
東京から引っ越してきた男子・麦
周囲に真面目ない彼をほっておけない女子・真鳥
麦には心にある不安をかかえており…。
かつて自分を救ってくれた麦を助けるのは自分の番。
願いを叶えてくれるという人魚の噂を聞いた二人は人魚を探す事に。
はたしてその願いとは?

という表題作の人魚王子。
他2作の短編集。
そこで紹介するのはなぜか表題作ではなくて
CIMG2108.jpg
アメツキガハラ
なお、今回いつも以上に雑です。
短編集ってむずいですよね…。
追記
思えばこの書き方って尾崎先生が雑って思われそうですね。
私の記事がいつも以上に雑ってことです。

進路も決めず、わが道を行くという雰囲気を出している少女あかり。
いつもそばにはふみかという友達がいた。
しかし中3のある日ふみかに彼氏が出来てあかりの傍から離れるように。
その悲しさからあかりは。

CIMG2113.jpg
パンツ脱いで・切って

CIMG2114.jpg
踏みつけて

CIMG2115.jpg
ノーパンで走り出す。
そして自分は一人でもいけるんだと遠くまで…。

これだけだと意味不明ですが、
パンツ切るのにも理由がありますし、遠くと言ってもおそらくふみかと二人で行くつもりだったタイトルでもある
「雨月ヶ原」ではなく衝動的に動いただけなので他の所に行ったりしたが…。
(あかりは多分ふみかと二人で雨月ヶ原に行く=二人でこれからの生きる道を見つけたかったんだと思う)
高校生になりふみかとも別の高校で連絡もとらなくなった。
そして雨月ヶ原に向かうあかりの隣にいるのは。
そしてあかりが見つけた道とは。

尾崎かおり先生の感情の描き方が好きなんですよね。
それも表に出る感情じゃなくて表に出さない感情。
そして特に短編ははっきりとした終わりを出してくれないんですよね。
これが多分どういうことなのか分かんないって事であんまり受け入れられない気がするんですが。
私もうまく説明できないんでえらそうな事言えない立場です。
でも今までの作品全部好きです。
ピアノの上の天使は今の日常の中にちょっと波乱がある(ばらかもん的な)漫画受け入れられてる時代に出てればなーーー。
多分入れようと思えば入れられるけどさすがに絵に関しては古すぎる。

あ、こういう
CIMG2116.jpg
人語を理解できない対象物に恥ずかしい報告するのってえろいよね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どこかの書店員

Author:どこかの書店員
FC2ブログへようこそ!

ブログ内検索
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンにゃー
オンラインカウンにゃー
現在の閲覧者数:
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気によって売り上げが変わるのです

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。