スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと思ったこと

某本を読んで色々思いましたが
やっぱ売場はこうしていきたいという想いを店に出したわけです。

現在当店はかなり売り上げを下げています。
そのため取次からの改善案を含めたびたび売場に関する事を
変更していったのですが、その一つに。

今、売れているタイトルを前面に出していないため
お客様が見つけられていないのでは?
これまではコアな客層向けばかりが平台に並んでいるため
一般層からは離れた売場になっている。

という取次の提案の元現在は「今売れているやつ」が
メインに陳列されています。
それ自体に反対はないのですが、そのある本を読んでやっぱり私は。

「この本屋が無くなったら、自分好みの漫画を他に置いてくれる所が無い。新しい作品に出会えるきっかけがなくなってしまう」

そう思ってもらえるような店にしたい。
正直この本屋はもう永くないと思ってます。
そのつぶれた時、売れてるやつだけ置いてる店だったら「別に他の本屋があるから困らないし~」
と思われてしまったらとてもさみしいのです。
もちろん売れてるやつは以前のように棚にて数巻面陳と在庫をストックしておくにしてけっして置かないなんてことはしません。

経営視点からみたらこれは間違いかもしれないので会社からNOがでるかもですが(私もそれで売り上げが上がるという確証はないですし)そういう主張を提出しました。

あ、ようするに前の売場にもどしてーーんだよ!!って事です。

追記
そもそもなんで現在の売場になってるかを思うとコミック売場を変えるのがおかしくないか!!
1階が一般層向けなのに2階は漫画好きに特化しか売場づくりでまるで店が別のようだ。
だから1階に合わせるために2階も一般層にするべきだという取次とそれを真に受けた会長の主張によりそうなったのですが

1階がもっと本好きに提案してる売場にしてればいいんじゃないのか!?

文庫・文芸書も「今だからこそこれを売りたい」と言う本を展開したり
実用書にしても「私はこの本で何々が治りました」
みたいな事で提案してればよかったんじゃ…。

なんで一般層向けでかなわない店が近くにあるのに
それに対抗する店づくりしてるんだ…。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どこかの書店員

Author:どこかの書店員
FC2ブログへようこそ!

ブログ内検索
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンにゃー
オンラインカウンにゃー
現在の閲覧者数:
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気によって売り上げが変わるのです

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。