スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まじやめてくれー

おすすめもやらずに近況報告。

前回本店のコミック担当者が辞めるという話がありましたが
抜けた穴は当然埋めなければならず、店長が

俺かあなたどっちか本店異動を提案しようと思うんだけどどう思う?

とか言ってきたので

まじやめてくれーーー。そうなったら私即辞めますよ!!

と泣いておきました。

本店にいたころ精神的な問題で手の皮がぼろぼろになって手袋しながら働いてましたからな…。
後、寝れなくて睡眠薬飲んでた。

今はそんなことはない。(会議の前日は軽いの飲むけど)

やっと…よくがんばったね。

本店のコミック担当(社員)が辞めると聞きました。

やっと辞めるか。
と書くとまるで辞めてほしかったみたいですが
やる気もある若い子だったので一緒にやってはいきたかったのですが…。

ほんっとに本店は精神的につらすぎる!!
電話でもあ~また病んでるなぁって感じてたし
別従業員からの報告でも攻撃されてるなぁって思ってたし。

だから私はこうなる事分かってたので入ったころから
なんでここを選んだ!!若い内に早く辞めるんだ!!
と言い続けてきました。

ここは経営陣に反抗出来る人かかつていた某さんみたいに
言われても何も感じない人じゃないとやっていけないです。

問題は
そう今まで病んで辞めていった社員の原因が
経営陣含めて本店の人たちに原因があるっていうのを
まったく分かってない事。(もちろん全員ではないです)

前にも言いましたが
本店の人が
「なんでこの会社は社員が長続きしないのか真剣に考えた方が良いのでは?」
と会長に言うと
「おう。そうだよな!!」
と何が原因なのか全くわかってないというやり取り。
これ何年前の話だったかな。

ともあれ本当に良かった…。
まだ君はやり直せる。
辞める前に貸してる3万返してね。


と思ったけど餞別にチャラにしてあげるか。

念願の陰毛を手に入れるぞ!!

ちょっとに先に2月1巻目でおすすめしたいやつやります。
今日出たのでえすぶっくで注文だすなら月曜(15日)になるはずなので。

CIMG2356.jpg
CIMG2357.jpg
小学館 やわらかスピリッツ連載中
管森コウ
駄能力JK成毛川さん

あこがれの彼、里中くんの家に勉強会という名目で
家にあがることに成功した成毛川(なるもがわ)さん。
その目的とは…。
里中くんの陰毛をゲットすること!!
そう彼女の正体は「妖怪ちんげちらし」だったのだ!!
しかしそれを里中くんにばれてはいけない。
ばれない様に立ち回る成毛川さんはドキドキ。
それが意図しない挑発的な行動に見えてしまい
里中くんもドキドキ。

男なら一度はいると思ったことだろう。
妖怪ちんげちらしの物語である。
好きな男の子の陰毛を手に入れるために奮闘する様が面白い。
もはや告白してしまった方が早いと思えてしまう。
というか絶対そのほうが早い。

CIMG2358.jpg
可愛いけど妖怪。しかもちんげちらし。

CIMG2359.jpg
いる!!絶対いる!!
なんでこんなとこにあるんだよってのある!!
実体化してないだけで実はうちにも可愛い妖怪がいる可能性が…。

CIMG2360.jpg
いやいや妖怪だろうとちんげだろうと無害で可愛ければいいだろ。

CIMG2361.jpg
家にあがったはいいけど里中くんの部屋が綺麗すぎて陰毛一本落ちてない。
ならば!!隙間に!!

CIMG2362.jpg
ここでちょっと語りたいんですが
こういうポーズの時もっともえろい装備はタイツです。
間違いないです。

CIMG2363.jpg
こういうポーズの時もっともえろいのは(以下略)

CIMG2364.jpg
勘違いだけど里中くんは悪くないぞー。
でも

CIMG2365.jpg
その後もこんなポーズやら。

CIMG2366.jpg
こんな事されたら。
あ、でも脱ぐのはNGです。

CIMG2367.jpg
ま…間違いない。

CIMG2368.jpg
ご…ごくり…ん?

CIMG2372.jpg
こ…これは!!念願のーーー。

CIMG2373.jpg
ちおちゃんの通学路を思い浮かべる動きです。

そして
CIMG2369.jpg
なぜこのような事になっているのかはご自身でご確認ください。
なにせ…
上記の画像の話まだ第1話だからな!!
http://yawaspi.com/danouryoku/comic/001_001.html
1話1話が濃いんだよなぁ。毛だけに!!
これからも陰毛を手に入れるための変な行動に悩まされる2人です。
それにしても里中くん。
忘れていったタイツをきちんと返すとは紳士じゃのう。
(作中ではパンストと表記されているが濃さからして私はタイツと判断してます。厳密にはパンストとタイツは履物として違うジャンルなのですが、長くなるのでやめましょう)


他にも
CIMG2370.jpg
これも絶対我が家にいる。
妖怪リモコン隠しさんや

CIMG2371.jpg
妖怪雨おんなさんがいます。

ちょっと思ったこと

某本を読んで色々思いましたが
やっぱ売場はこうしていきたいという想いを店に出したわけです。

現在当店はかなり売り上げを下げています。
そのため取次からの改善案を含めたびたび売場に関する事を
変更していったのですが、その一つに。

今、売れているタイトルを前面に出していないため
お客様が見つけられていないのでは?
これまではコアな客層向けばかりが平台に並んでいるため
一般層からは離れた売場になっている。

という取次の提案の元現在は「今売れているやつ」が
メインに陳列されています。
それ自体に反対はないのですが、そのある本を読んでやっぱり私は。

「この本屋が無くなったら、自分好みの漫画を他に置いてくれる所が無い。新しい作品に出会えるきっかけがなくなってしまう」

そう思ってもらえるような店にしたい。
正直この本屋はもう永くないと思ってます。
そのつぶれた時、売れてるやつだけ置いてる店だったら「別に他の本屋があるから困らないし~」
と思われてしまったらとてもさみしいのです。
もちろん売れてるやつは以前のように棚にて数巻面陳と在庫をストックしておくにしてけっして置かないなんてことはしません。

経営視点からみたらこれは間違いかもしれないので会社からNOがでるかもですが(私もそれで売り上げが上がるという確証はないですし)そういう主張を提出しました。

あ、ようするに前の売場にもどしてーーんだよ!!って事です。

追記
そもそもなんで現在の売場になってるかを思うとコミック売場を変えるのがおかしくないか!!
1階が一般層向けなのに2階は漫画好きに特化しか売場づくりでまるで店が別のようだ。
だから1階に合わせるために2階も一般層にするべきだという取次とそれを真に受けた会長の主張によりそうなったのですが

1階がもっと本好きに提案してる売場にしてればいいんじゃないのか!?

文庫・文芸書も「今だからこそこれを売りたい」と言う本を展開したり
実用書にしても「私はこの本で何々が治りました」
みたいな事で提案してればよかったんじゃ…。

なんで一般層向けでかなわない店が近くにあるのに
それに対抗する店づくりしてるんだ…。

思考は大人だけどやっぱり子供

2月のを始めるか1月のやってないやつするか迷いましたが
1月のを引き続きやっていこうと思います。

で、某専門店さんどこかでやられるんですか?
そうならバイトで良いので雇ってもらえないですか?

おすすめです。
CIMG2311.jpg
CIMG2312.jpg
日販IPS LINEマンガ連載中
福星英春
ハードボイルド園児宇宙(コスモ)くん

正真正銘の園児。
しかし彼の瞳はどこか冷めていている。
あまりにも思考が大人すぎるため周りとはズレている…。
と思いきや彼もやっぱり子供なのである。

考え方は完全に大人なのですが
やってることはやっぱり子供っていうのが可愛い。
そのギャップが笑えます。

CIMG2313.jpg
最近の漫画買う基準は私もちょっと不満かなぁ。
やっぱり自分の足で探してほしい。
はずれてても良いじゃないですか。
むしろこの漫画は一体どこかつまらないのか?それを考えるの楽しいですよ。
私は子供の頃からずっとそうしてました。

こんな事言うと
え?じゃあここのサイト意味なくね?って言われそうというかその通りなんですが
古本でもいいのでレビューの評価とかじゃなくて自分で自分が面白いのを探してほしいです。
あ、でもここは別にレビューサイトじゃなくて
他店様にこんな面白いのあるんですがうちじゃ全然売り伸ばせないので
かわりに売ってくださいって言ってるサイトでした。

話戻します。
CIMG2314.jpg
いつの世も国っていうのは狂ってるんだよ。

CIMG2315.jpg
私はキラキラネームよりDQNネームって言い方の方が好きです。

CIMG2316.jpg
ハードボイルドやな…でも

CIMG2317.jpg
子供だ!!

CIMG2318.jpg
別にびびっちゃいないぜ…。ただ替えのパンツは必要だがな…。

CIMG2320.jpg
この俺にこんなガキどもがやるようなクイズをやれだと?
やれやれだぜ…。
何?上は洪水で下は大火事…だと…!?

CIMG2321.jpg
完全に矛盾している!!

頭の柔らかい子供だと解けるあるあるですね。
このように思考は大人なんですが、各話のオチとかが完全に子供でほっこりできるのが見てて楽しい
そしてとても安心させてくれる作品です。
プロフィール

どこかの書店員

Author:どこかの書店員
FC2ブログへようこそ!

ブログ内検索
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンにゃー
オンラインカウンにゃー
現在の閲覧者数:
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気によって売り上げが変わるのです

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。